読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

ロードバイクを買ったのは

ようこそ 当ブログへ

初めまして、Aおばさんと申します。

 

当ブログに足を運んでいただきありがとうございます。よい年齢の、名実共に立派におばさんなので、ここは、住んでおります地域で言うところの「ええ(=良い)」おばさんを称しております。

 

2014年秋、本当にひょんなことからロードバイクを購入しました。ちょっとでも風が吹くと「や〜めた。」「坂道?絶対近づかないよ。」という超がつく貧脚チャリダー(というのも他のロードバイク乗りの方に申し訳ない)です。

 

が、飽き性の自分がわりとはまっているので良しとしております。

 

よく周囲の方から「なぜにロードバイクを?」という質問を良く受けます。この質問を受ける方、多いのではないでしょうか。

 

おばさんの場合はまず、インドのラダックへ旅行へ行った折、標高3000m以上を平気で疾走していく「クレイジー」な欧州チャリダーの方々を見、その時ご一緒なさった方が高山を疾走するロードバイクMTBもいたと思いますが)の魅力を語られました。

 

帰ってきてから元同僚が「自転車始めたいの〜。」と話すのを聞き(その彼女はまだ始めておりません。)、地元にロードバイク屋がないか検索したら、大変近い町に店があることが判明し、ふらふらと見に行って…あれ?買っちゃった、です。

 

購入までのスパンは3ヶ月。ちなみに、購入してから「弱虫ペダル」の存在を知りました。

 

ロードバイクの知識などいっさいありませんでしたから、何となく店長に「旅行で車なんかに乗せて、遠くに行けたら良いな。」と、「ぶらぶらっと近所よりもちょっと遠くへ行けたら良いな。」、「色は黒!」、もちろん健康・ダイエットも込みで。

 

という非常に曖昧なだめだめな要望を伝えましたところ、優しく対応していただいて、選ばれたのが現在乗っている「スペシャライズド ルーベSL4 コンポsora」です。ターマックでもスポーツでもありません。

 

優しい店長のことです。予算と曖昧な目的を聞いて、「まあ、長続きしてほしいなア、これくらいか。」で、選んでくださったかと。おそるおそる乗り出しはじめ、なんとか1年以上経った現在、不定期ながら乗り続けております。

 

f:id:aobasan:20160207123931j:plain