読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

しまなみ海道 冬 2015年12月26日〜29日 年末の顛末4ー②

f:id:aobasan:20160214152256j:plain

峠を越えて、下りに入る。さすがにほっとした。が、あっという間に下り終わる。海の美しさも目に入らない。しかも、集落から「みつばち」へ向かう道へすぐに左折せねばならなかったので、海岸にありがちなアップダウンへと続く道への推力を得られぬまま、苦しい漕ぎが続いた。

 

平時の体力であれば、もう少しこらえられたと思う。それにたいした距離でもなかったとは思うが、こういうときは未知の道は、永遠に続くように感じられる。そして…最悪の時を迎えた。

 

年末休みのお知らせ

 

がらんとした駐車場、人気の無い店の前で立ち尽くす。念のため、扉の前まで上がる。…開いている訳などない。何の感慨もなく、冷静に、水を飲み、背中のバックパックからこの旅行では食す予定のなかった、バームゼリー飲料を取り出す。気持ちは目の前の海のように穏やかである。速やかにゼリー飲料を飲みきり、元来た道を戻る。自分のこんな時の判断力を悔やみながら…。だが一方で、「たどり着けた。」という妙な達成感も感じられたのは、ロードに乗り始めてから目覚めたM気質のせいだろうか。

 

もはや午後の夕方の気配である。何も迷うこと無く、元来た道を行く。無論、先ほど下った坂は、考える余地無く、最初から押し歩きだ。道の駅へと続くブルーラインに差し掛かったときは、どんなレベルの登り坂も走りたくなくなっていて、もう一度海岸線を走る。先ほどの造船所前を行き、来島海峡大橋が見え始めた。風が向かい風になっていたのが分かった。止まること無く、自転車道に入る。

 

レンタル自転車のご夫婦が同じく上っているのを抜かし、しかしその後すぐに奥様に抜かれ(旦那の方はクロスバイク、奥様は電動だった。何となく抜かされたのは悔しかった。)、完全向かい風、体力最悪の状態で橋を旦那の方と抜きつ抜かれつつ、超スローテンポで漕ぎ進む。途中、余裕の態で、連れを待っている電動自転車の存在がこれほどうっとうしいとは…如何、ブラックおばさんになっていた。

 

たいした時間ではなかったと思う。気がつけば、サンライズ糸山に戻っていた。速攻でスペシャ君を自転車ラックにかけ、「風のレストラン」へと入る。さすがにお店の方は、独り乗りチャリダーへの対応も慣れたもの、すぐに見晴らしの良いカウンター席に案内される。ランチのパスタを注文し、パスタより先に飲み物を持ってきてほしいとお願いしたその様子から察せられたのか、ボトルごと水を置かれた。パスタは大変美味しゅうございました。

 

これにて、「しまなみ海道 冬 年末ポタリング」は終了。この後、眠気が襲ってくる前に、マイカーを徳島へと走らせた。夕飯、当てにしていた店が使えなかったとか、コンビニ飯で我慢したとかあったが、ま、それはそれで。

 

走行距離:21.5km

平均速度:8.4km/h(大笑そして反省)