Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

錆が 錆があああぁ〜!!!

少々寒い日でした。夕方の風も強く、かといって暖房がんがんに入れるという訳でもなく。でも明後日からは春めいてくるそうですが。

 

その春の日差しの土曜日、久しぶりにロードを引っ張りだし、ほんのお気持ち程度走った時のことです(完全に用途がママチャリ化してます)。訪問先の建物の壁に立てかけた時です。あれ…?何か違和感が…。

 

f:id:aobasan:20160314212018j:plain

目が 目があああぁ〜!!!

 

あ、違う。

 

錆が 錆があああぁ〜!!! 

チェーンに錆が!!!!!

ムスカ調で叫んでください、顔は完全にムンク

f:id:aobasan:20160314212451j:plain

うわ、めっちゃ恥ずかしい…。

どんなけ乗ってなかったんだよ。

どんなけ手入れしてなかったんだよ。

 

はい、ロードにお乗りのあなた様ならそう思われますよね…。

「何やってんだ、こいつ。」

返す言葉もございません。

 

11月まではちゃんと掃除してました…11月までは手入れしてました…。

ごめんなさい、スペシャ君…本当にごめんなさい…。ロード乗りとしては最低ですが、ネタができたと思ってしまったおばさんはさらに最低です。

 

じゃ、なくて!!

 

まずいです。スプロケットは?まだ無事か???

f:id:aobasan:20160314212718j:plain

ああああああ だ〜め〜だ〜!!!!!カメラのマクロでとって拡大してみるともっと分かってしまった。ひどいじゃないか!

 

走っている時は全く違和感無かった。いつものsoraのギアの感覚だった。完全な怠惰、持ち主の「物の扱い」が出てしまった。

 

何とかしなきゃ!

 

1、時間を見つけて洗う。とにかく磨く(ケミカル系はちゃんとある)。

→でも完璧には錆は取れない。今後もっとマメに掃除できるのか?

2、いっそ新しいチェーンに変える

→①店鋪にもっていって交換=冷ややかな態度の店主の姿が目に浮かぶ。

→②道具を揃えて自分で交換する=ネタはできる、しかし自他ともに認める破壊魔。

 

調べてみると、自分でできそうなんですけれど…。むかーし、昔まだおばさんが娘さんだった頃、ママチャリのチェーンの錆を落とそうとして、俗にいう錆落としをかけまくり、その後さらに真っ赤っかにさせたという嫌な記憶がよみがえってきた。

 

あの頃のように「適切な処理ができない」事は無いと思うのだが、とにかく週末になんとかしなければ。うわ、それまでにじわじわと錆が広がっていく感じがして落ち着かない。

 

お恥ずかしい話ですが、顛末を記録していきたいと思います。

お読みくださって、ありがとうございました。