Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

久しぶりの自転車通勤 鏡って大切

穏やかな良い一日でした。仕事の山場を越えてちょっとだけ心の余裕ができたこともあり、秋以来の久しぶりのジテ通してきました。

 

おばさんの家から会社まで約17km。久しぶりに走るのにはちょうどよいかな、と。ラッシュアワー時を避けて、漕ぎ出します。春休みに入ったせいか、学生がいないので、走りやすかったのですが、それでも自動車の交通量は結構ある道を行きます。

 

本日の服装大失敗 

おばさん愛用のパーカータイプの上着。多分本来の用途はポタリングです。しかも冬用。

item.rakuten.co.jp

サイクル専門ショップではなく、楽天を見ていて偶然見つけた物です。サイクル・サイクルしていないのが良くて、この冬よく着ていました。が、本日は、

暑かった!!!

 

失敗でした。でもね…会社の建物の中は冷えるので…これ着ていってちょうど良いのですよ…汗だくになりましたけれどね…。

 

本日の本題は、服ではなく、

 

久しぶりのジテ通で、やはりその必要性を痛感したのです。大型車は後ろからエンジン音が聞こえますが、ハイブリット車は音なし。トラックも多いし、危険を感じました。

 

元々おばさんは、スペシャ君を購入してすぐ、このタイプの鏡を使っていました。

 

item.rakuten.co.jp

 

バーエンドがかっこ悪くなるなどのご意見もあるようですが、大きすぎずロードの全体のバランスを崩さないので使っていました。難点を挙げるとすれば、

 

・すぐにずれる(見かねたプロが直してくれたのだが振動ですぐにずれた)。

・小さいので、対象を捉えづらい。

・毎回角度調整をする必要があった。

 

慣れてくればそれなりに対象物が視界に入るようになりました。

 

が、しかし、

 

木曽川河川敷(一宮までのあのサイクリング道ですよ、分かる方は分かる!)を走っていた時に、車両止めのポールに激突し、あえなく分解

 

激突を見ていた、近くで遊んでいたお子様に哀れみの目を持って分解し飛散した物を拾われました。ちゃんとお礼は言いました!良い年した大人が自転車に乗って激突して転ぶなんて図はそう見ないだろうよ。

 

そのタイミングでバーテープとエンドキャップを換えたため、鏡を使用しないままおりました。実は次の鏡は買ってあるんですけれど、面倒で付けずにいたんです…。

 

 

f:id:aobasan:20160329202202p:plain

 

が、やっぱり入りますわ、鏡は。本当に今日は後ろから来る車にびくびくしながら走りましたよ。後ろをふり返ればおばさんの走行技術ではふらついてしまうし、安全の為の道具は絶対に不可欠です。

 

どこに仕舞ったっけ…探さなければ。

 

皆さん、ジテ通はどんな安全対策とっておられるのでしょうね。

 

本日もお読みくださり、ありがとうございました。