読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

ボトル、取れるかな?

ロードバイク

今晩は。足のむくみが取れず、新しい足マッサージ機を買おうかどうか真剣に悩んでいるおばさんです。見事に靴下の形にへこんでおります。

 

昨日は注文してあったサイクルウェアが届きました。

はい、服買いました! - Aおばさんの徒然ペダル日記

初めて買うブランドだったので、サイズについては箱を開けて着てみるまでドキドキだったのですが、返品せずに済みました。デザインは期待通りの”ピンク猫”でございました。

 

本日の話題は、おばさんのやりたいんだけど”出来ない事”…って、できないことだらけじゃないの?と突っ込まないでくださいね。

※“!”マーク多用の文章です。ご注意ください。

 

これでも色々と挑戦し続けているんです。

 

その一つ。それは、

 

走行中に止まらずにボトルケージからボトルを取り出し、走りながら飲み、そして元に戻す事!

 

使っているボトルはここ数ヶ月はこれ。

f:id:aobasan:20160511224551j:plain

で、ボトルゲージは、スペシャライズドのSpecialized: Zee Cage II です。

 

で…実はおばさんはママチャリであれなんであれ、両手離しが出来ません。あれは恐怖以外の何者でもない!片手走行は何とかできます。

 

それでもね、ロードに乗り始めまして、ビンディング立ちゴケしない練習とか、ギアの入れ方とか検索してそれなりに勉強しているとですね、手を離して乗ってみようというのが出てくるじゃないですか。

 

すなわち、バランスが取れている証拠…と。

 

そして、ロングライドを良いスピードで走っている時に、停まって水分補給するよりも走りながら補給した方が良いじゃないですか。

 

でもね、でもね?

 

走りながらは怖いんですよ。

 

何度となく手をボトルに伸ばしては、ふらついてしまう自分に、このスキルを身につける事を諦めておりました。

それは、ふらついてしまうが故に、立ちゴケていく自分が容易に想像できて、手を伸ばしては止めるを繰り返していたのです。

 

安全第一

 

これが何よりですもの。それにそもそもそんなに長い距離を走っていないおばさんが、無理に出来ない事に挑戦する必要も無いしね、停まればいいしね、と。

 

が、実は先週の日曜日。職場からの帰り道、直線道路をそこそこのスピードを出して走っていた時です。ただし、交通量の多い幹線での事です。信号も無いし、車はどんどん脇を走っていく、停まる雰囲気ではない箇所で、

 

あまりに喉が渇いて、禁断のボトルに手を伸ばしました。

 

 

取れました!!

 

うおおおおおおおお!

http://peoples-free.com/highresolution/l_126.jpg

 

そして、走りながら水分補給成功!人生初!

よし、飲めた、戻そう!

 

 

・・

・・・

・・・・差せない。

・・・・・ゲージの位置がつかめない。

・・・・・・どんどん車が追い越していく!

・・・・・・・ふらつき始めた!

・・・・・・・投げ捨てたい!!!!

 

結局、停車しましたとさ。

 

このボトルを取り出して、停車まで、距離にして100mほど、数十秒の事でございました。

 

場所がね、悪かったんだと思います。交通量の無いところだったら、余裕を持って確かめて差し込めたんじゃないかなと。

 

何かもう少しでレベルアップできそうなこのスキル、夏に向かってますし、当たり前にしたいんですけれど…。

http://peoples-free.com/highresolution/l_081.jpg

 

本日も丁寧に読んでくださって、ありがとうございました。