読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

せきサイクル・ツーリング2016in津保川(ショート) 感想②

すみません〜。『明日以降』更新、とかいいながらなかなかアップできず。コメントいただき、そのお返事遅くなりまして…。なかなか定時に上がれず、家に着いたらもうすぐダウンという人としてどうなの?という生活…は置いときまして。

 

ロングコースの方の出発の後という事で、かなり待つ事を覚悟したのですが、スムーズに進み、(多分)8時30時頃にスタート。去年と違って、人がまだたくさんいたので、寂しく感じず。ショートの3組目で出発できました。

f:id:aobasan:20160602203443j:plain

えー・・・と、当初の予定では、さくさくっと走行して、エイドの食事をいただき、10時30分には終了、撤収と考えていたのですが…。

 

コース変更していたここ、この山!!(Googlemapよりそこだけ抜粋)

f:id:aobasan:20160602204319j:plain

黄色線のだいたいこんな山地で良いと思いますが、昨年度は、85号線をそのまま北上、公園で折り返してくるというとーってもビギナーにぴったりなコースでしたよね。

 

ええ、ええ、即座に降りましたとも。そして押し歩きましたとも!!しかも相当長い距離を(結果として腰痛を激化させましたとさ)。

 

いいもん、おばさん無理絶対しないもん。横をぐいぐい行く兄さん・姉さん・汗だくの小学生がいてもいいもん!

http://4.bp.blogspot.com/-ioPIZDMxa54/ViipgnzbOXI/AAAAAAAAz6I/YVs_p9mT4lc/s800/tehepero6_youngwoman.png

ホイール交換のメリットは十分感じましたよ?コンチネンタル良いねぇっていうのもよくわかりましたよ、でもね、如何せんエンジンがアウトでした。ここまでの坂だと思わなかったもの。

 

峠まで「500m」から100mごとに『残り300m』という看板が立っておりました。通常なら、「よし、残りわずか」と気力を奮い立たせるところでしょう。

 

おばさんの場合は、「まだあるの〜」でした。

http://1.bp.blogspot.com/-5M0kaE25vB8/VYJrdwQ5rjI/AAAAAAAAud4/Z-W4YMimolk/s800/gakkari_tameiki_woman.png

そして、やっちまいました。スタートからやけに前輪のブレーキの効きが緩いな…と感じておりました。事前チェックでは何ともなかったのに。ワイヤーが緩んだの?関係ないよね、ブレーキシューはまだまだ減ってなかったし????

 

そこ、もうお分かりですね、おばさんが何忘れていたか。で、押し歩きの上りが終わり、ようやくの下り坂は当然、おばさんにとっては恐怖以外の何者でもない

 

急 坂

 

なんで?なんでブレーキが効かないの?え?

 

はい、坂下りながら気がつきました。クイックが上がりっ放しになってました。危険だと言う事を嫌という程体感しました!! 

http://netalee.com/wp-content/uploads/2014/10/20120902145608156-e1413366644993.jpg

第1エイドでほっと一息、すぐに第2エイドへ出発、ここは距離が短いところですので…。 

 

そこでエイドの提供食をほおばりながら、そこかしこで坂談義をしている兄さん方がおられました。

 

「えげつないよね〜今回の坂。」

「やばいっすよね。」

「ロングはまだこういうのがいくつかあるんだろ?」

「俺、死ぬかと思ったよ。」

 

と、男性諸氏は、辛かった・大変だったを連発しておりましたがね?その目は、ちゃんと上ったったぞ、俺、めっちゃ楽しかったぞ!って、キラキラさせてましたよ。その表情で語っておられたのが印象的でした。

 

そう、とても嬉しそうでした…。

 

という、かなり情けない前半です。後半はまた後日。

http://1.bp.blogspot.com/-G19YQXLnEAw/VyNddnUCXTI/AAAAAAAA6Nw/sfFSsNp9_44hRLJzhFET9PKBRMhKW1e-gCLcB/s800/nihil_smile_woman.png

まだ引っ張るのか、とおっしゃらずに。 

 

お付き合いいただき、ありがとうございました。