Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

タルタルーガ君 玄人好みなやつ

「無理な運転ダメだよ〜。」の舌の根も乾かぬ内でありますが、ちょこっとタルタルーガ君走らせました。え、いや、3kmくらいですよ〜。

 

どうしても仕事上、行かなきゃいけない場所がありまして。その場所が歩くには少々広すぎる、そういうところにはミニベロが一番。それから、痺れ止めを飲んでいたという事と、どれくらいでだる痛さが来るのか確認したく…。

f:id:aobasan:20160626201742j:plain 

結果

 

後で後悔しました

 

でもね、全く乗らないというのもストレス溜めてしまいますし。付き合い方を模索中です。

 

それはそれとしまして。

 

タルタルーガ君はロードバイクと同じく、前輪を外してよく車に載せます。

 

でも

前輪がブレーキシューを通らないっ 

で、無理矢理外す

また、はまらない!無理矢理押し込む

 

どうしてそうなるのか、それともそんなものなのか調べたら、どうもタイヤとシュー、干渉しまくるらしいです。納得できないので、現場チェックの後その足で、久しぶりに小牧のじてんしゃひろば遊さんへ。

 

うん、相変わらず繁盛してますなぁ。駐車場、ぎりぎり一台空いてました。

 

店員さん、顔は覚えてくれてたみたいです。早速相談。すると彼ら曰く、

 

ミニベロの宿命

f:id:aobasan:20160626204150j:plain

「え!そうなの。」

以下太字は店員様のお言葉

ミニベロってどうしても干渉する事あるんですよ、多いですよ、そういうの。

 

「マジでぇ!?ダメだろ、そんなの。それに輪行時どうすんだよ、だいたいそういう売りだよな、これ。」

 

そうなんですよねぇ、企業の方も分かってると思うンスよ。

 

「じゃ、直せよ。」

 

タルタルーガのユーザーさん、少ないですしねぇ

 

「う、それはっ。」

 

と、まぁ、雑談しながら、ついでにブラケットのブレーキ握り具合とワイヤーの伸びも直していただきましたが。おばさんには衝撃でした。ミニベロは干渉してなんぼとは…。

 

「あ、でもタルタルーガってその干渉がなくなるように純正はキャリパー換えたみたいなんですよね。」

 

それ、安いやつでしょう。Aおばさんのブレーキは全部取っ替えてありますよね。これの効きとそいつとでは全く違いますよ。

 

「ですよね〜。」

“ブレーキの効き”ってのは注文時念頭にありましたから〜。でもリムと干渉するのは知らなんだぞ〜。

 

「タイヤの幅、換えたらどうなります?」

 

これ、タイヤ云々ではなく、ようは元々狭いんすよね。

でもいちいち大変ですよね、輪行歌ってるんならダメだよなぁ。

 

で、結局対策はどうすべきか?という話になり(この時点で、店長含む3人の店員とおばさんとでタルタルーガを囲んでヤンキー座りしながら(^^;))。

 

車にポンプ積んでおくのが一番。

 

というお答えが。え〜!?空気抜いといて、で、装着したら入れろと?じゃ、輪行時は?手動で!?冗談じゃないぞ?

 

「ホイール換えたら多少は違いますかね?」

 

可能性はないわけではありませんが…あまり変わらないかと…。

 

…できるだけ前輪を外さず、やっていく方法に慣れねばなりません。しかしおばさんの乗り方は自動車に載せていく事が圧倒的に多く、そしてその車は荷台が狭いときたもんです。

 

タルタルーガ君は重さがあるだけに

ロードよりも車に積むのが大変

 

肩への負担や、自動車のハッチが傷だらけになっている事や(もうあきらめてはいるけれど)、諸々…

 

ま、いっか!

 

「んじゃ、運用次第という事ですねぇ〜。」

 

「ですねぇ、でも、こうやって色々研究してやっていくのもいいと思うんですよ、僕は。特にこういうマニア…いえ、ごく一部の方が…あ…自転車を自分でいろいろとされるのがお好きな方は」

 

とは、若き店員兄ちゃんの言葉です。おいおい、マニアックとか褒め言葉じゃん。言葉濁さなくてもいいってば、いい事いうねぇ!

 

書き言葉にすると、店員さんに文句いってるように感じられるかもしれませんけれど、終始談笑状態で、楽しい時間でした。上司と飲み会で話す時は話題が途切れるのに。

 

ここの店員の兄ちゃんは店長を除いて(失礼)かなり若い方達ばかりなんだけれど、本当によく答えてくれます。おばさんの冗談にも付き合ってくれます。また、買っちゃおうかなって気になってしまうじゃないか。

 

沼にどんどんはまってくださいね そういうの、いいっすよ、絶対ありっすよ。

 

笑顔でね?そんな危険な事いうんじゃありませんよ、お兄ちゃん。

 

後、懸案だったタルタルーガのキックスタンドは注文しました。店長がすぐに、

 

「この機体にそれ、いらんだろぉ。」

と叫びやがったので、

「おばさんには必要なの!」

といってお取り寄せしていただきました。

 

駄文・乱筆ご容赦ください。

お付き合いいただき、ありがとうございました。