読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

肩の調子見とソフトクリーム

ロードバイク

でら 暑っ 

恒例 岐阜の多治見市は35℃超、おばさんとこも33℃超えました。でも、そんな暑さの中でも走っている素敵な仲間はいるいる。おばさんもちょっとうずうずです。

 

ロングライドからポタリングにシフトしているおばさんとしては、この暑さの中走るならスイーツライドになるわけです。で、朝の時点ではここに行きたいと思っておりました。

f:id:aobasan:20160718201911j:plain

芳川屋 « 犬山観光情報

素敵だ…最高です…犬山の桃はこの辺りでも美味しい事で知られていますし…。距離もおばさんの肩にあまり負担のこないところで走れそう、と思っておりました。

 

が、おばさんの行動パターンによくある事:休日出勤したため、テンション維持できず、帰りたいモードへ移行。

 

でも、ソフトクリームは食べたい!!

 

犬山まではなー。暑いしなー。面倒だしなー。肩痛くなるしなー。

 

でもちょっと走りたい。最近タルタ君ばっかりだったし。では、方向を変えまして、いつもの木曽川沿いCR道へ。

 

午後の3時過ぎ…。一番暑い時間…いつもは結構な人がいるこの道も、本日この時間にはまったく人気なし。

f:id:aobasan:20160718202507j:plain

緑が青々しすぎて眩しい。日差しはきつい。キジやカラス達がハアハアしてました。

 

ちょっと真面目に肩について。肩の痺れや痛みは斜度のある坂道があると特にすぐに症状が現れます。CR道は一応平坦なので、負担は少なかろうと。さらにはっきりとどの辺りで痛みが来るのか知ろうと思いました。

 

<結果>

2、5km走ったところで痺れが発生し始め、3kmになると、腕を一度ハンドルから離さないといけないだるさが現れる。さらに、右の手のひらに小さな鉄の球をはじいて当てるような内側からの痺れを感じる。

 

<意識した事>

重心がサドルにいくように、です。ハンドルに重心をかけているのは分かっています。それは怖いから。で、今回はあえて脳内に地面に重心がいくイメージを思い描き、そしてハンドルには手を添えるだけ、と意識してみました。

 

<成果>

うまく力が抜けた時、痛みや痺れも若干消えました。しかし、その意識が消えると痺れが戻りました。

 

ということは、やはりポジショニング。重心のあり方と姿勢の問題も大きいという事です。

 

誰もいない道を心置きなくスピード出して走り、5kmいったところで市街地の方へ。馴染みの団子屋さんに向かいます。ここで本日脳内を占めていたソフトクリームをいただく。

tabelog.com

f:id:aobasan:20160718203509j:plain

芳川屋のフルーツソフトクリームではないけれど、十分満足です。他のお客さんと天気の話なんぞしながら一時の涼を得てライドを終了。

 

実は今こうしてパソコンに向かっている腕や肩も痺れが出ています。走り終わった後の車内でも、ライド時以上に症状が現れました。

 

ぼちぼち筋トレは取り組んでいますが、効果が出るのは先。まぁ、気楽に無理せず続けていこうと思います。

 

で…ガーミンの設定とか、タルタ君使っての輪行のためのイージーフォールディングを覚えるとか、やらなきゃいけない事、覚えなきゃいけないスキルとか、いっぱいあるんですけれど〜。

 

とりあえず、それもぼちぼちということで。

http://4.bp.blogspot.com/-FEfzqaxOa6o/UO1im1DMlSI/AAAAAAAAKhg/vNxX1agUTEY/s1600/face_night.png

 

お読みいただき、ありがとうございました。