読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

ジテ通の荷物装備について

ロードバイク

肩の調子が思ったより調子いいおばさんです。この2〜3日の低温もあり、これ幸いとばかりに、スペシャ君で平日ジテ通に挑戦しております。

 

自分が自動車で通勤していて、通勤時間帯の自転車(特に中・高校生)が正直迷惑だと感じる部分もあり、自分がそうならないよう、できる限り早く家を出て迷惑にならないよう動いております。

http://3.bp.blogspot.com/-M8yrYGmHDWw/Vf-aV0w252I/AAAAAAAAyFg/zQl57v7DV90/s800/jitensya_syadou.png

が、道路事情からいくとそれがなかなか難しい。それに、朝早くてもそれなりに交通量はあります。さらに、少ないが故にスピード出してくる。自分も自動車で同じ事をしているんですけれど、自転車を走らせると、こうしたことを改めて考えます。

 

さて

 

前回タルタルーガ君の用途拡大については、パニアバッグを購入し、装着した事で一段落いたしました。ポタリング専門の相棒として今後の活躍を模索中です。

 

 

スペシャ君の方です。トレーニングを兼ねてのジテ通、季節は夏ともなりますと、背中に物を背負いたくないわけです。とはいえ、持ち物もたくさん。

 

・着替え

・弁当

・パンク対応セット

・ガジェット及びガジェットのケーブル

・小銭

 

と言ったところでしょうか。最小限に絞ってもそれなりの荷物が発生します。ちなみに、職場のロッカーに化粧品などの(女子としての)基礎装備は置いてあり、多少は持ち運びの量を減らしてあります。

 

一応、定番のバックパックを使っています。それもできるだけ負担の少ないものをと思い、モンベルのクロスランナーを使用しています。

軽いですし、上記の荷物なら、パッキング次第ですべて入ります。トレールランを想定しているものなので、なかなか考えられている作りになっていて気に入っています。

https://webshop.montbell.jp/sys_img/related/ecinfo_002_04192.jpg

背中の汗・熱も程々に逃がしてくれます。

 

しかしやっぱり背負いたくなくなってきているわけで…。

 

では、ということで、これを使用してみました。Apiduraのサドルバッグ。

f:id:aobasan:20160727213538j:plain

昨年度、しまなみ海道へいく為に購入し、使ったものです。「なんだ、こういうものがあるんなら使えばいいのに。」とおっしゃらず。

 

使用に多少の覚悟がいるわけですよ、これは。なんだかんだいってもバックパックってじゃないですか。

 

ですので、持っていたにもかかわらず、ジテ通として利用したのは本日が初めてでした。このサドルバック、荷物は楽勝に入りました。レギュラーサイズは17L。クロスランナーは15L。コンビニに寄って買い物しても入れられる余裕があります。

 

さらに、小物入れとして、トップチューブバックも付けまして、こんな感じで。

f:id:aobasan:20160727214227j:plain

走行に関しては…大変快適でございました。もっと早く使えばよかったなぁ。しかし、装着に時間が取られるのが多少のデメリット。先ほど行った「面倒」な部分です。

 

出し入れはチャックを開けて…というわけに行きませんし、取り付けはそれなりに時間取ります。取り外しは簡単ですけれど…。

 

本当にいろいろ試行錯誤でございます。

 

お読みいただき、ありがとうございました。