Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

自転車散歩in犬山 2016年10月9日(日)参加の顛末1

参加してきました〜ヽ(*´∇`)ノ

えーと、足は一ヶ所つきました。

 

本日は東海地方、「10時頃まで局地的に雷を伴う雨が降り」の予報通り、朝から雨。受付場所である犬山城近くまで、自転車に乗っていくつもりでしたが、近くの駐車場まで各自トランポ。

 

今回おばさんは、初のグループ参加。それは一緒に参加するおじさんたちも同じ事。彼らは初イベント参加です。どうもそれなりに完走できるかとか、途中で転ばないかとか不安を抱えていたらしい。そりゃそうです、おばさんもそうでした。

f:id:aobasan:20161009164041j:plain

今回ロングコース参加者は、蛍光緑のTシャツを着用。これが参加証代わりになります。受け付けを8時30分頃済ませるも、雨が結構激しく降ってきており…トイレに避難。

 

しかし、本日は天候が回復する事は分かっておりましたので、主催者側もみんなも待つ。開会式は予定通り9時から。今回は愛知のこの大会に、岡山から参加された方がいらっしゃるとか。ちなみにファミリーも合わせて750名参加だそうです。

 

数人のお話の後…本日ゲストライダーあり。

筧五郎さんです。

生年月日 /1975年5月12日
出身地・在住 /愛知県出身・在住
所属チーム・組織 /湘南ベルマーレロードレーシングチーム(チームコムレイド)
2007年設立の「Legarsi Igname」(イナーメ・アイランド信濃山形―JPT) キャプテン

戦歴は皆様ご存知の通り…あ、おばさんよりも年☆だったのね。主催者側の紹介も少々ワタワタしていた感がありましたが、9時30分、ようやくスタート。雨は上がっておりました。

f:id:aobasan:20161009165302j:plain

出発直前、まだ元気なおじさん達。改めて思う。目立つな、このシャツは。

 

「筧さんのスタートのかけ声で!」

 

なんて元気なマイク音が響き渡りましたが、当のご本人は非常に静かなお声と笑顔で、我々をお見送り。一気に30人ほどスタートしましたので、3組目で出発できました。あまりに急だったので、危うく筧さんにぶつかりそうになりましたよ。

 

コースについてはこちらを。

 

 犬山城の下に駆け下り、桃太郎神社方面へ。木曽川沿いの堤防に一旦降ります。この堤防沿いの短い道の出口がちょっと急な坂。ころびそうになってしまった。おばさん的には、

 

ガーミンのスタートボタン押し忘れた!

うわ、停まりたくない、スタートボタン〜!!!

…とあせっておりました。馬鹿です。

 

さらに、尾張パークウェイに入ります。ここからは上りが続きます。

 

あーもう、坂についてはいうまでもありません。取りあえず、パークウェイの坂については、第1エイドまで足はつきませんでした!第1エイドでみんなと合流しました。「坂きついな」、とか言いながら一応元気です。

f:id:aobasan:20161009170839j:plain

第1エイドでいただけるのは「獅子鍋」

f:id:aobasan:20161009170925j:plain

そう、一応まだ元気…「2杯目いけよ。」なんて軽口叩けるくらい余裕な人たち。しかし、あんまり美しくないな、おじさんばかりの画像は(〜〜)。

 

ここのトイレが、小さな公民館利用だったので…男女共用で…ええ、背中を向けているお兄様方の後ろを通る事がおばさんはできず、引き返しました…まだまだ修行が足りないな…。

 

その後は綺麗な田んぼの風景の中を抜け、またアップダウン。地元ですからねぇ、分かっちゃいたのですが、愛知・岐阜県境のアップダウンは足に来る。なんとかなんとかがんばって第2エイドへ。

f:id:aobasan:20161009171529j:plain

ここでは、ウインナーを挟んだパンをいただきました。しかし、ここに来るまでの道。交通量も多いし、歩道を行くもコケむしており、なかなか走りにくい。足下に注意しながら行きました。

 

・・・で、前半戦終了です。後半でさらにグダグダな様子をご報告&記録。お読みいただきありがとうございました。