Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

乗らずに観察・感想・納得

本日よい陽気なので、昨日からプラプラッと走る計画を心の中に温めておりましたところ、老いたる我が母が、

 

「10年くらい前に行った不動さんでね、犬山の寿司屋から45分くらいのところでね。」

 

と、訳の分からぬことを申しだしまして。何事?と先を促すと、

 

「そこのねー、岩のいっぱいあった明王様にお参りしたいの!」

 

急に信仰心に目覚めたのか、どうしたどうしたと思いきや、ようはおばさんに『足となれ』ということでして、いろいろ家族間の和を守るためにやはりお母様のご機嫌は損ねてはならないので、母の行きたい場所へ行くことに。

 

土曜日も仕事で岐阜市、そして今日の予定変更ということで、結局この土日は一度も自転車に乗らずじまい

 

となりました。で、犬山から45分くらいの岩一杯の明王様ってどこやね、と曖昧な母の記憶を突き詰めていきますと、全く異なっておりました。冷ややかに、でも粘り強く記憶を引き出していきます。

 

と、そもそも犬山の寿司屋ではなく、岐阜県各務原の寿司屋で、そこの地名が出てくるわ、45分ではなく、もっと短い時間であったことが判明。

 

つまり犬山からではないわ!!それ、鵜沼やろ!45分なら鵜沼通り越して関市まで行っとるわ!!!と親子ならではの遠慮のない会話が続き、結果、ようやく母の行きたい場所が判明いたしました。

 

美濃三不動美濃三不動尊の一つ|のんびり岐阜まちなか歩き-レッツぎふのことでした。

f:id:aobasan:20161023201846j:plain

少々気が重いながらも車を走らせまして、ご当地へ参ります。結構地元なんですが、やはり生活圏から微妙にずれている各務原市にこんな所があったとは知りませんでした。

こんな公園とかあったんですねぇ…抜かっておりました。

 

信仰心はともかく、アップダウンもあり、公園もあって、ランナーやトレッキングやってる人たちの姿がちらほら。となれば…当然来るよね、ここには。

 

はい!

いました、いました。

あっちにもこっちにもチャリダーが(笑)

 

不動尊奥の院へ、階段上ってお参り済ませて戻ろうと思ったとき、脇の自動車用の細道を集団がヒルクライムして参りました。皆さん、余裕でいらっしゃる〜。

f:id:aobasan:20161023202019j:plain

この道 ※降りてきた青年君、肖像権無視してごめんなさい。

 

 …そりゃ来るわな

……登ってくるよな

………良い坂だもんなぁ

 

おばさん、絶対近寄らないけれどね。結局ヒルクライムしようという頭がおばさんにはないので、生活圏に近いところにこういう場所があると探さなかったわけです。グループライドの方々の他にもソロで走っているお兄ちゃんやマウンテンバイクでリア充しているカップルを見ました。

 

この近辺はトレッキングの人たちの場という認識しかしてなかったのですけれど、改めて、こりゃチャリダー来るわと納得した次第。

 

ただソロの青年よ、カーブを大きく膨らんで疾走してくるのは止めなさい。ぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤしました。

 

そういえば、この記事書きながら、じわじわと思い出してきました。迫間の名前は、わりと近辺のチャリダーさん達が走ってる場所ではなかったかと。そうですよね?みなさん。各務原側からでしょうか?関市側から?どちらにしてもきついなー。

 

紅葉が進んだら、自転車・トレッキング・自動車に関わらず、大変綺麗で訪れるのもよろしいかと。

 

あ、母のお供での短い参拝後、そば食べたり、モンテール寄ったりでオーバーカロリーも極まれり。体重増加は止まらず、ますます乗る気力が失われております…。

 

お付き合いいただきありがとうございました。