読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

晩秋の長良川サイクル列車利用ライド その1

自転車旅行

よーやく仕事の山を少し越え、モチベーション復活してきているおばさんです。で、唐突ですが、職場のロードバイクもってる先輩がいきなり、

 

「この間、長良川鉄道に電話したらさ。」

「は!?(何をいきなり)」

「結構空いてるってことだからさ、予約しといて。」

いや、おい、そこまで聞いといて、予約しんかったんかい!?

っていうか、え、行くことになってるの?

 

ーということで、仕事も一応山を越え始めて、少しだけモチベーション持ち直してきたところとタイミングが合いまして。岐阜のチャリダー及び東海地方で割とメジャーな(^^)ルートとなっているサイクル列車を予約し、長良川沿いを走ってきました。

前回のあの記事はもう本当、かなり追いつめられていたときでして…まだ山は続きますけれどね…。

f:id:aobasan:20161120202116j:plain

長良川鉄道のサイクル列車利用は、事前に電話予約が必要です。

 

ついでに

 

以前よりロードバイクに興味のあった新人K君を誘いました。

え?自転車もってない?そーんなの、貸してもらいなさい。

で、思いもがけず、マイロードバイクを持っていない新人K君は、後輩F(都合により欠席)のピナレロを借りて出発することと相成りました。

 

参加者は

 

http://2.bp.blogspot.com/-lhE-Xa_k_8M/VlAZMCJWCCI/AAAAAAAA04o/G1F5lEafLTg/s800/mask_smile_woman.pngおばさん(ちょっぴり咳気味)

http://katsushita.com/wp-content/uploads/2015/11/sketch1446972602099.png意地悪おじさんもとい先輩

http://3.bp.blogspot.com/-mRMrUfe2X_Q/UdEeZyjf2fI/AAAAAAAAVus/J4MkVnfe6fk/s732/classic_guitar.png上司

https://www.pakutaso.com/assets_c/2015/12/ELL15110718-thumb-autox1600-20052.jpg新人K君

の4人です。

 

コースについて、最初は『美濃白鳥』で降りて来るつもりでしたが、上司が午後、仕事がある(にもかかわらず参加してくださり恐縮)、そして何より新人K君のことを忘れていた!

 

そう、彼はロードバイク乗ったことはないのだ、全く初めてだったのだ!距離、走行距離考えなきゃ!

 

ということに関駅に向かう車中で気がつき、駅で合流した時に本日降車する駅を『郡上八幡』にすることを伝える(かなり適当な計画であることが分かる)。

http://www.gujohachiman.com/kanko/gujo_odori_images/odori_castle_large.jpg

郡上観光協会様より

前日会社にてピナレロを受け取り、しかし、乗る練習もできぬまま、集合場所に一番に到着していたK君。若干緊張気味でございました。そりゃそうだ。

 

しかし、運動不足であるおじさん達も似たり寄ったりでして、はい。乗車時間まで時間がありましたので、先輩が周辺道路を使って簡単にレクチャー。で、乗車でございます。

f:id:aobasan:20161120204809j:plain

6時52分発 濃霧

f:id:aobasan:20161120204914j:plain

笑顔のおじさん達+K君

f:id:aobasan:20161120205015j:plain

あ、ぼけてしまった。

f:id:aobasan:20161120205408j:plain

輪行袋に入れることなく、そのまま乗降車できるサイクル列車は

素晴らしい!

 

約1時間ワンマン列車に揺られて行きます。岐阜の山間部、いい具合に紅葉が進んできており、霧が晴れて周りが見えてくるきれいな景色にテンションは上がります。やっぱりこういう非日常は大切です。

 

乗客はおばさん達4人と、旅行者らしき単独男性2人、途中女性1人。ちなみに折り返してロードで走っている時にすれ違った美濃太田行きは1人しか乗っていなかった…。

f:id:aobasan:20161120210046j:plain

7時52分到着。

 

木造の素敵な駅舎です。おばさん達にとって郡上はメジャーな観光地の一つ。でも高速道路を使ってしか来たことはなく、○十年にして初めての駅利用です。ものすごく雰囲気のあるこの場所でぱちり。

 

ここからようやくスタートです。

 

が、本日はここまでにいたします。お読みいただきありがとうございました。