読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aおばさんの徒然ペダル日記

自転車を中心に日々の徒然を綴っていきます。

子供用自転車サドル問題は…お爺ちゃんの取り越し苦労?

昨日は東海地方は晴れているところも多かったようですが、おばさんとこは天気雨が降りぱっとしない天気。しかし、本日は北日本の方々には申し訳ないくらい穏やかな土曜日。

 

じゃ、年末締めのライドに!

 

ということにはならず、はい、見事に風邪ひきさんです。猫と薬とでぼけーっと過ごしております。そんな中、元気な甥っ子は。

 

お爺ちゃんと共に自転車の練習へ。

で、例の「サドル問題」なのですが…。いつの間にやらこんなことに。

f:id:aobasan:20161224170109j:plain

…無理矢理子供用のサドルカバーを装着している、の図。

お爺ちゃん、おばさんがいろいろ探しているのを待ちきれず、ホームセンターで買ってきて着けたようです。が…。

 

うちの甥っ子さん、同年代の子達よりも体が小さく、この自転車もその体に合わせたもの。当然サドルも小さな物です。従って前記事に書きましたが、市販のキッズサドルカバーでは大きすぎるんです。

 

それでも、無いよりはましと思いお爺ちゃんが着けたのは明白。ですが…。

 

かっこ悪い

 

しかし甥っ子君、そんなことは気にせず、本日もご近所ライド一周の旅に行きました。後ろから様子を見ていたのですが、

 

無くてもいいんじゃないの?

 

戻ってきてからの爺ちゃんに様子を聞いても、サドルカバーがあっても無くてもどうも関係ないような…。無いよりはマシだと爺ちゃんは言っておりますが…。

※ばあちゃん曰く、大袈裟なんだから、一人で(爺じが)心配しすぎてるだけよ、とあきれ顔から察するに、取り越し苦労のような。孫可愛さにとにかく心配しすぎる傾向が強いからねぇ。

 

しかし、この自転車のサドル、前後・角度の調整はできない物です。高さだけ可能です。本人(甥っ子)が慣れてしまえばもういいと思います。

 

しかし、子どもは本当に元気だなぁ…。

 

丁寧にお読みいただき、ありがとうございました。皆様もお体に気をつけて、連休をお過ごしください。